What is Buddhisme? What is Shinshu?

真宗大谷派関連のテキストや配布物に関してコメントするブログ。僧籍を持ったサラリーマンです。

小谷への応答にはなっていない:「往生と成仏」考、廣瀬惺(『ともしび』第781号2017年11月)

今回は、『ともしび』に掲載されていた廣瀬惺(元同朋大学教授)の“「往生と成仏」考”を読んでみる。

まず、このように書かれている。

まず、一つ目の動機といたしまして、私にとってはこちらの方が完全な動機なのですが、ある意味で曽我量深先生のご生涯のテーマであったといただくことができます「往生と成仏」ということを、明らかにしたいということがございました。九十六年間の曽我先生のご生涯は、「往生と成仏」という問題につきまして、単なる学問としてではなく、ご自身に納得される事柄としていただかれますことが、一貫していたと言えるかと思うわけでございます。 

これが廣瀬の動機である。その動機は曽我量深の生涯を貫く問題であり、また廣瀬も晩年の曽我のこのようなテーマに基づいた講演を聞いたため、この「往生と成仏」を主題に据えたという。真宗お得意の「単なる学問としてではなく、ご自身に納得される事柄」という記述には飽き飽きするが(それが非-知的なものであるならば、それが非-知であるということを学問的に証明されなければならない事柄だからである)、この点はまあ多めに見ておくとして、彼の文章を追っていこう。

先にあげられた曽我はこのように言っているという。

曽我先生は、日頃から、宗教の表現というのは簡潔でなければならないとおっしゃっていました。ですから、「往生と成仏」ということにつきましても先生ご自身は、きわめて簡潔に「往生は心にあり、成仏は身にあり」とお示しくださっています。

曽我によると「往生」は心、「成仏」 は身に関わる問題であるという。そこで、曽我の言葉が引用されている。

往生は心にある、というならば、すなわちわれらは、真実信心を頂いたときに、如来の心の光明をもって照らし護って下さるというのでありまするが、その心光摂護ということは、すなわち往生ということではなかろうかと。(「往生と成仏」『曽我量深選集』第12巻、弥生書房、193頁) 

ここにおいて、「往生は心にある」と言えるのだそうだ。この部分についての分析を行って欲しいところだが、廣瀬はそれをせずに、親鸞の言葉へと移行する。この不十分さには問題があるが、今回は気にしないことにしよう。

第二の動機はいうまでもなく、小谷信千代への応答である。

 

冒頭はこれくらいで、本題に入っていくことにする。

廣瀬は親鸞によって引用された『選択集』の文に注目している。

 ひとつは『選択集』の巻頭、本文の始まる前におかれました、真宗の旗印とも言えるお言葉です。

   南無阿弥陀仏 往生の業は念仏を本とす(『教行信証』「行巻」聖典189頁)

 

それ速やかに生死を離れんと欲わば、二種の勝法の中に、しばらく聖道門をさしおきて、選びて浄土門に入れ。浄土門に入らんと欲わば、正雑二行の中に、しばらくもろもろの雑行を抛ちて、選びて正行に帰すべし。正行を修せんと欲わば、正助二業の中に、なお助業を傍にして、選びて正定を専らすべし。正定の業とは、すなわちこれ仏の名を称するなり。称名は必ず生るることを得、仏の本願に依るがゆえに

(『教行信証』「行巻」聖典189頁) 

この二つの文が重要であるという。つまり、重要なのは「念仏」である。

この「念仏」について廣瀬は以下のように述べている。

特に大事なのは、「それ速やかに生死を離れんと欲わば」という冒頭の言葉だと思います。それ以降の言葉を一言で申しますなら、「念仏申せ」ということでしょう。「速やかに」とは、「即座に」ということですね。間をおいてではないわけです。迷いを越えた生活、迷いを越えて生きる生活を即座に開くのが真宗であり、南無阿弥陀仏の仏法であるということでございましょう。

廣瀬はここで念仏と往生の関係性について論じている。念仏すれば即座に悟りを開くことができるらしい。念仏による救済を説くというのは悪くはないが、これはやや言い過ぎである。 これでは、念仏者がそのまま悟った者として措定されてしまう。悟った者においては全てが正しいが、念仏者はこれと全く同じ存在であるとは言い難い。そして、往生とは「浄土への往生」であるが、この場合には念仏者は浄土に存在していることになる。これは穢土を浄土としてとらえさせることになりかねない。

小谷のように死後往生を述べるのには反対であるが、その全く逆のことにも私は賛成できない。現世で浄土に往生する、という廣瀬の言い分も極端すぎる。

そもそも念仏者、私自身も念仏を唱える者の一員であるが、実感として迷いを越えたと思ったことは一度もない。周りを見ていてもそうである。迷いを越えて生きる生活は、凡夫には不可能ではないだろうか。

「即得往生」に関しては、小谷信千代が「即」というのは時間的な瞬間性を意味するのではなく「位に即く」という意味であることを示しているが、私はこの点に関しては賛成だ。しかしながら、小谷信千代は「死後」を強調するあまり、「位に即く」という現世での次元の出来事を重要視できずにいる。私たちにとっては経験不可能な「往生」よりも、「往生が定まる」という経験の方が重要なのではないだろうか。親鸞が強調したのはまさにその部分であり、「往生」そのものよりも「往生が定まる」ということなのである。

そして、廣瀬惺がいうようなこの世での往生も誤解であり、曲解である。念仏すればすぐに迷いを越えた生活などできるわけがないのである。迷いを越えた者がいるのなら、この場に連れてきてもらいたいものだ。

 

小谷によって提起されたこの問題に関しては、話題になっているだけで誰も解決の糸口を見出せてはいない。ほとんどの者が問題の本質を見失い、ただ「現世往生だ、現世往生だ」と叫んで反論している。大谷派的な教育を受ければ誰でもそうなるのだが、議論することもできないような人間を生み出すのは「教育」ではなく「洗脳」である。

ブログへのコメントをいただきました

当ブログに初めてコメントが届きました。以下の通りです。

はじめまして。 たまたま通りがかった者です。 ブログを拝見させて頂きました。 批判的に物事を見ていくということは大変大切なことだと思いますが、世界中の人が自由に見ることができるインターネットの中で、特定の人物の名前を出して批判をするということにはそれなりの責任がともなうと思います。 同じ門徒の立場におられる方であるならば、たとえば貴殿のお名前を公開するなどの配慮は必要なのではないでしょうか。 その点に関しましてはどのようにお考えでしょうか。

以上のコメントが当ブログに届きました。これは大変喜ばしいことであり、このような内容は当然開設当初から予想されていたものでした。今やgoogleやyahooでも「楠信生」と検索すれば1ページ目にこのブログの記事が表示されるようになっており、このブログがなんらかの影響や反応を引き起こすことを期待していたので、どう考えても「宗門に関わりのある人物」からのコメントが寄せられたということはこのブログの目的が一つ達成されたということを示しています。

そこで、このコメントに対してこちらも応答しようと思います。

 

・第一の問題は、インターネット上での個人への批判と匿名性の問題です。

コメントでは「世界中の人が自由に見ることができるインターネットの中で、特定の人物の名前を出して批判をするということにはそれなりの責任がともなうと思います」と書かれています。しかし、このような論理は当ブログにおいては的外れであると思います。「特定の人」とは言いながら、その「特定の人」とは単なる特定の人物ではありません。

彼らは大谷派の出版物に自らの名前で文章を掲載している「公的な人間」です。私は別に、自分の知り合いや隣人といった自分自身と私的な関係をもった「私的な人間」についての批判を名指しで行なっているのではなく、出版物に自らの考えを述べている「公的な人間」に対して名指しの批判を行なっているに過ぎず、私個人は一読者であり、自ら責任を負って名前を公表する必要はないと考えています。

たとえば仮に、そのような「私」が名前を公表して批判的な活動をしたとしても、ある特定の名前のもとで「私」という個人が排除されるだけです。このブログが匿名性を維持しているのは、宗門がそれだけ「批判」というものに不真面目で非寛容だからです。そのような結果がすでに目に見えているのに、自らを名前を明かす者は誰もいないと思います。

 

・第二の問題は、「批判」そのものについての問題です。

宗門内で原稿の執筆以来があった場合このくらいの批判は覚悟すべきだというのが私の意見です。宗門内では常に「聞くことが大事」と散々言ってきているわけなので、このくらいの批判を聞かないでどうするのでしょうか。

 

・第三の問題は、当ブログに対する内容についてではなく形式についてしか触れていない点についてです。

私はもっと実りのある議論をしたいのです。匿名性だの責任だの、そういうことを議論するのではなく、何か疑問があるのならば「内容」について問うていただきたい。これが最も重要な点です。もし違う意見があるのならば、それを言っていただきたい。「匿名での批判はだめだ」とかだけを言っていると、大谷派(それに属する僧侶)はどんどん批判を受ける機会を無くしてしまうのではないでしょうか。

 

・第四の問題は、コメント自体がとても匿名的であること。

「通りがかった者」としか書いてないのですが、どう考えても宗門に関わりのある人物としか思えません。私から見ればどう考えても関わりのある人物ですが、関わりがあるのかないのか、それくらい明示していただけたらなと思います。(できれば、「匿名性」を否定する以上はお名前を頂戴したい)

 

中島岳志著『親鸞と日本主義』には「親鸞」が不在である。

今回は朝日新聞に面白い書評があったので、それを紹介したい。10月1日の書評の欄に中島岳志著『親鸞と日本主義』についての書評があった。この中島岳志大谷派で盛んに用いられており、宗派からの配布物には毎月のように彼の名前が載っている。しかし私は、彼を仏教に関する専門的知識もないし、むしろ軽くヒンズー教圏をフィールドワークしただけの浅い研究者だとしか思っていない。

彼のようにナショナリズム批判を専門にする知識人を登用したところで、大谷派自体は全くその論調についていけていないような風を感じるし、「いのち」というキーワードを不注意に乱発するあたりもそのことを示している。その点についても彼を持ち上げたとしても何の効力も発揮していないのが大谷派の現状である。

さて、書評についてだが、朝日新聞ではこう書かれていた。

右翼団体「原理日本社」に属した三井甲之や蓑田胸喜、あるいは作家の倉田百三亀井勝一郎ら、親鸞に魅せられた多くの人々は、「絶対他力」「自然法爾」という親鸞の思想を都合よく解釈して、「国体」を正当化しようとした。さらには阿弥陀仏の「他力」を天皇の「大御心」に読み替えようとした。それは真宗大谷派のような教団の幹部であっても例外ではなかった。 

 親鸞の思想における構造的な脆弱性を指摘したのがこの『親鸞と日本主義』である。その点はまあ賛同できるかもしれないが、親鸞の『教行信証』自体はその脆弱性から抜け出るために緻密に書かれたものなので、その点について言及しなければ何の意味もないのだが、その点について書評はとてもいいことを書いてくれていた。

本書では、親鸞自身が残した著作が引用・参考文献に全く挙げられていない。親鸞の思想と国体論の関係を解き明かすためにも、いったん鎌倉時代にさかのぼり、原典そのものに立ち入って分析する必要はなかったのだろうか。 

 まさにその通りである。親鸞のテキストを全く読まないような人間を宗派は持ち上げていったい何なのだろうかとさえ思う。これでは単に親鸞の思想が「国体思想につながりやすい構造をもっている」というだけで終わってしまう。これだけで終わらせるような研究者をいつまでも囲ってあげる必要はまったくないし、大きな損失を呼び込むだろう。

「問い」がそんなに大事なの?:名和達宣『真宗』10月号、教研たより

私は、もはや「問う」ということを大事にするという風潮に飽き飽きしている。何百回、「問いが大事」という話を聞かされたのだろう。

名和達宣という教学研究所研究員は「問いが大事」だと述べている。「答え」よりも「問い」が大事であると。

浄土真宗に帰すれども 真実のこころはありがたし

虚仮不実の我が身にて 清浄の心もさらになし 

という親鸞の和讃を引用しているが、これは別に「問い」ということとは関係ない。我が身が真実のこころ、つまり信心を得た喜びがあるからといって、自分自身に清浄の心があるわけではないという話であって、凡夫の我が身が「問われる」ということを重要視したものではない。

「しばらく疑問を至してついに明証を出だす」というのは、疑問が大事とかそういうことではなく、答えに辿りついた喜びを表現するものであって、「疑問」を絶対化するものでは決してない。

「問い」を絶対化するのなら逆に問おうではないか。「問いを重要視する己自身が問われることはないのか」。

問いが大事、と述べているうちに社会は刻々と変化する。問うてばかりいないで、「虚仮不実の我が身」にかけられた願いを敬う気持ちを表現する道をいい加減開いたらどうだろうか。もう「問い」の無限循環は、民衆には必要ない。私たちは誰に問われるまでもなく、常に迷い、問われ続けて生きているのだから、その苦しみを救おうとなぜ僧侶たちは考えないのだろうか。

ものすごく冷徹な教え:平原晃宗、東本願寺 真宗会館『サンガ』vol. 149. :親鸞さんの仏教

『今日のことば』や『真宗の生活』に少し飽きてきたので、今回は真宗会館が発行している『サンガ』の記事を問題にしていこうと思う。

この雑誌自体、真宗とはなんの関係もない流行りの芸能人や学者が記事を載せているため、たんなる金の無駄遣いにしか思えないし、そもそも東京の教務所が発行している物をなぜ全国の寺院に配布しているのかも謎である。だから、この『サンガ』そのものに対しても私はとても懐疑的である。

ともあれ、今回はその中の記事『親鸞さんの仏教』という箇所を批評していこうと思う。執筆者は平原晃宗(京都府、正蓮寺)という人。

まずこう書かれている。

お釈迦様は、私たち人間が住む娑婆世界を「五濁」という五つの濁りで表現します。その中に「命濁」があり、この内容を親鸞聖人は「中夭」と指摘します。 

 聖典における該当箇所を脚注として明記しておいてほしいものだが、まあこの点に関しては妥当である。寿命が短くなることを「命濁」とも「中夭」とも言うのだから。平原は以下のように述べている。

親鸞聖人が尊敬された中国の善導大師は、命濁について「多く殺害を行じて、恩養に慈しみなし」 と述べます。

命が濁る、つまり寿命が短くなるということの原因は、「殺害」を行うことである。殺害とは自分を育んだものに対する反逆なのである。 

このような文脈において、平原氏は「いのちは様々なつながりの中で共存している」とか「いのちを成り立たせている因」を大切にしなければならないと述べている。しかし、これは本当に可能なことだろうか?

確かに親鸞正像末和讃 のなかで「中夭」について述べているが、しかしそれは中夭を正して、人々を啓蒙するためではない。「正像末和讃」は、仏教的な歴史観である正法、像法、末法という時代区分に従って、「末法」の時代の有様を述べているのであって、それがダメだとか良いとかいう評価を行う以前に末法の時代における事実として提示しているに過ぎない。平原氏はこの「中夭」に陥る事態を正面から避けるために「自分を育んでいるものへの感謝」という姿勢を示しているが、それは正法の時代においてしか可能ではなく、末法では無理なのである。

そして、親鸞の思想において最も重要なのは念仏の救済によって「中夭」ということを無効化する点にある。親鸞は現世利益和讃において以下のように述べている。

南無阿弥陀仏をとなふれば

この世の利益きはもなし

流転輪廻のつみきえて

定業中夭のぞこりぬ 

これは、南無阿弥陀仏を唱えれば「中夭」であっても関係ない、関係なく救われるということを述べているのである。われわれは心がけていても自分を育む環境すべてに恩を報いることなどできない。生きているだけで環境を汚し、行動はすべて裏表の効果をうむのである。これは一人一人の心がけというよりは、社会的な構造上仕方のないことなのである。平原氏のように言われても、ちゃんと実践できる人はひとりもいない。末法の時代に生きる人々はもれなく濁り、「中夭」なのである。

親鸞は、そのような濁りのなかであってもその中でお念仏に出会えば救われると述べてくれているのである。「中夭」などを解消できない時代に生きる人々に念仏という救いの道を示しているのである。これが親鸞の教えにおいて最も重要な点なのだ。平原氏はこれを全く理解せずに、実践できもしないのに「中夭」の解消を啓蒙しているのである。それがしたくてもできない人間存在の悲しみを彼は理解していない。 

そして、親鸞の思想抜きにしても平原氏の考え方には問題がある。「中夭」、つまり早死にの原因は「恩への感謝の不足」であるという考え方をそのまま鵜呑みにしている点である。それでは、早くして亡くなった者は恩知らずであることの報いを受けたということになってしまう。ニュースで小学生が殺されたとかそういう事件がたびたび報道されるが、平原氏にとってはこの小学生たちは「恩知らず」ということになってしまうのである。これは若くして亡くなった人への冒涜である。平原氏にとっては「そこまで考えていなかった、そういうつもりではなかった」と言えるかもしれないが、仏教者としてはそれを考えないで一体他に何を考えているのだろうかという感じしかしない。要するに全く配慮が足りていないし、早く亡くなった方へのリスペクトが悉く欠けている。彼は偉そうに現代人を啓蒙する以前に、もっと社会を知り、配慮のある教えを学ぶべきである。そもそも彼は親鸞の和讃自体を全く正しく読んでいない。

法語カレンダー随想集『今日のことば』2018:伊東恵深

今回は2018年の『今日のことば』の九月である。担当者は、伊東恵深(同朋大学准教授、三重教区西弘寺住職)。

まことの信心の人をば諸仏とひとしと申すなり

「御消息集」『真宗聖典』588頁

 これは、親鸞が弟子からの質問に答えるために書いた文章である。阿弥陀如来の本願によって信心を得た者は、諸仏と等しいということを意味している。そして、筆者は「この信心とは何か」という問いを発するが、それは「仏様から戴いた眼」だと述べている。これは竹部勝之進という詩人の作品からの引用であるが、私はこの引用に疑問をもっている。

ここに、「まことの信心」とは仏さまの眼を頂戴することであり、それは私自身のありのままの姿を知らされることである、と歌われています。

つまり、信心によって「私自身のありのままの姿を知る」ことが重要だそうだ。そして、彼はさらに続けてこのように述べている。

阿弥陀さまの教えによって、いま現在の自分に不平や不足を感ずることなく、このままでよい、このままで尊い、という身の事実に気づかされることでしょう。

私はこのような考え方に嫌悪感がある。たしかに信心を得ることで視野が広まることがあるかもしれないが、このような自己肯定あるいは現状肯定はやや的外れな気がする。しかも凡夫は凡夫であるので、「このままで尊い」ということはありえないし「このままでよい」ということもない。これはどうやら仏の救済の絶対性が近代以降の人権主義と癒着していると考えられる。いじめられている人に「このままでいいんだよ」と慰めるような自尊教育として正しいかもしれないが、それは仏教ではない。

信心を得たと言っても、別に私自身が尊い者である必要はないのである。私自身は尊くなくても、そこに仏から回向された信心があればいいのであって、それは決して私自身の肯定には繋がらない。

要するに私が言いたいのは、凡夫であるということを良いこととして受け取るのはやややり過ぎの感があるということなのだ。凡夫であること、それは別段素晴らしいことではない。私たちが感じるべきなのは、凡夫であるけれど他力が注がれているということへの喜びなのであって、煩悩がありがたいということではない。

法語カレンダー随想集『今日のことば』2018

今回は五月の法語。

かの如来の本願力を観ずるに

凡愚遇うて空しく過ぐるものなし

「入出二門偈頌文」『真宗聖典』461頁

この法語についてコメントしているのは、廣田万里子(名古屋教区善福寺)という人だった。 この方は、父親が亡くなった体験を語り、そして最後にその父に念仏を勧めたというエピソード。念仏によって本願力に遭う者は救われるという話を書いている。このコンセプト自体は間違ったものではないけれど、このコメントの途中に書かれた文章が気になった。

商売も会社勤めも、いわば「あさましき罪業」だとし、そんな罪業に毎日追い回されている我々のような愚かな者をたすけようとしてくださるのが阿弥陀の本願なのだと。

これは、蓮如の御文に基づく発言であるが、はっきり言ってナンセンスである。「商い」 を罪業とするのは中世の世界観であり、その当時の人々の文化的な共通認識であるため、蓮如がこのような発言をすることは頷ける。しかし、現代人のわれわれがこの認識をそのまま鵜呑みにして、「商売も会社勤めもあさましき罪業」と述べるのはいかがなものだろうか。これでは中世の差別的な世界観をそのまま引き継いだ上で教えを説いているため、差別の再生産になりかねない。「罪業は救われる」という着地点があったとしても、それは差別の再生産の可能性を十分に孕んでいる。

「商売」や「会社勤め」をあさましいと決めつけている人間の方が、よっぽど浅ましい。現代で貴族制は崩壊し、「罪業」は別のものにシフトしているのに、いまだに蓮如の世界観をそのまま引きずって「商売」を罪業扱いしている人に、現代社会を見抜く力も、その社会で生きる人々の苦しみも理解できないのではないだろうか。